企画展のご案内

定期的に企画展を開催!是非ご来館下さい

展示室2富士山の玉手箱特別展示「古写真にみる明治の富士」
令和元年6月1日(土)から9月1日(日)

明治時代に撮影された写真をとおして当時の様子を振り返っていただきたく、富士山を背景にした郷土の古写真を紹介いたします。

会期令和元年6月1日(土)から9月1日(日)
開館時間午前9時から午後5時
休館日月曜日(祝日は開館)、7月9日(火)から12日(金)燻蒸のため閉館、
7月16日(火)
場所展示室2 富士山の玉手箱
観覧料無料

※終了しました 富士市・富士川町合併10周年・富士山世界遺産登録5周年記念展「道具が語るあの日の住まいー富士のふもとのヒトとモノー」
2018年12月22日(土)~2019年3月10日(日)

 生活の道具は、時代を表す象徴です。わたしたちが何気なく使っている道具の多くは、生活スタイルや技術進化に合せて改良され、こうした道具が集まることで「今」の生活風景が形作られています。
 この展示会では、住まいの道具から、昭和期を中心に少し前の時代の暮らしを紹介します。

会場2階 特別展示室・多目的室
開館時間午前9時から午後4時30分
休館日月曜日(祝日の場合開館)、12/29~1/3、1/15(火)、2/12(火)
入館料・観覧料無料
ギャラリートーク1/3(土)、1/13(日)、1/27(日)、2/3(日)、2/17(日)、3/3(日)、3/10(日)

※各日11時~、14時~の1日2回、30分程度
あの日の住まいお散歩ラリーミュージアムをめぐってクイズに答えると、ステキなオリジナルグッズをプレゼント。

(回答後、本館カウンターへ。お1人1日1回まで)

2019年度 年間スケジュールのお知らせ

富士山かぐや姫ミュージアム2019年度年間スケジュールです。
皆様のご来館をお待ちしております。

平成に旅立った富士のふもとの巨星たち
平成31年(2019)3月9日(土)→5月19日(日)

平成が終わり、新たな元号となる節目の時。平成を生きた富士市ゆかりの偉人に焦点を当て、富士市と当ミュージアムの平成を振り返ります。
紹介する方々:郷土史家・鈴木富男、物理学者・戸塚洋二、元市長・斎藤滋与史、作詞家・加藤省吾、染色家・小山もと子、洋画家・野田好子(順不同・敬称略)

会場2階 展示室②富士山の玉手箱
休館日月曜日(祝日開館)・3月22日・5月7日
開館時間3月:9:00~16:30 4・5月:9:00~17:00
入館料・観覧料無料

第56回企画展「富士が見守る交流の道―古代東海道と富士山ジャンクション」
平成31年3月21日(木・祝)~6月16日(日)

 7世紀後半以降、律令国家によって近畿中央部と関東地方を結ぶことを目的に整備された東海道は、さながら古代のハイウェイのように、豊富な海産資源を都へ運ぶ最短の道として重視されます。静岡県中部・東部を中心とする発掘調査では、東海道と目される古代の道路が発見されたほか、各地の公的施設(役所)を結ぶネットワークとして、大小さまざまな道が果たした役割も明らかになっています。
 本展示会では、駿河・伊豆の国府、郡家(ぐうけ)やその関連施設をご紹介し、古代東海道周辺の景観を探ります。そして、富士山周辺が、東山道から甲斐を経由して東海道につながる結節点「富士山ジャンクション」としての役割を果たした可能性についても考えます。

開館時間3月:9時〜16時半、4~6月:9時~17時
観 覧 料無料
講演会演題「富士山をめぐる古代の街道」
■日 時 ①3月31日(日)②4月13日(土)ともに13:30~15:30
■講 師 ①杉本悠樹氏(富士河口湖町教育委員会)、②当館学芸員
■受講料  各回100円
■会 場 ミュージアム講座室
■募集日時 平成31年3月19日(火)9時から
■募集方法 電話又は直接ミュージアムへ申し込み。 
■定 員 各回40名
フィールドワーク■開催日 4月27日(土)、5月11日(土)
■内 容 奈良・平安時代に富士郡の役所(郡家)があった伝法地区を徒歩でめぐる。いつもの見慣れた街なみに、古代遺跡の痕跡がみつかるかも!?
■時 間 各回午前9時30分〜12時
■集 合 富士市役所北側駐車場・車庫棟前
■参加料 100円  
■定 員 各回20名(先着)  
■申込み 4月6日(土)午前9時より電話または直接来館にて申込
ミュージアムトーク■日 時 4月21日、5月 4·5·6·19·26 日、6 月8·15 日
■会 場: 富士山かぐや姫ミュージアム展示室5・6
■時 間: 11:00 ~ 11:30、14:00 ~ 14:30
■参加料: 無料
ワークショップ①紫紺染めハンカチ作り
■日 時:4月7日(日)①10:00 ~ 12:00、②13:00 ~ 14:00
■参加料:400 円
■申 込:当日9:30 より会場にて受付(各回先着10 名)
■会 場:富士山かぐや姫ミュージアム陶芸室
ワークショップ②土馬ストラップ作り
■日 時:6月2日(日)①10:00 ~ 12:00、②13:00 ~ 14:00
■参加料:200 円
■申 込:当日9:30 より会場にて受付(各回先着15 名)
■会 場:富士山かぐや姫ミュージアム陶芸室
休館日月曜日(祝日は開館)、3月22日、5月7日

※終了しました 特集展示「富士山と、文学 岳南を舞台とした江戸時代の和本と浮世絵」
12月8日(土)~2月17日(日)

 富士山は、いにしえより多くの文学作品の題材となりました。活火山・霊峰として尊い存在であった古代、数々の戦場となった中世、旅の目的地となった近世。人びとは、時代が変わっても富士山に注目し、その時々に感じだ富士山を歌にしたり、富士山を舞台にした物語を記したりしました。
 本展示では、富士山南麓を舞台とした文学作品をご紹介し、江戸時代の人びとが物語だけではなく、そこから派生した浮世絵などの関連作品で富士山を楽しんだようすをご覧いただきます。

会場2階展示室②富士山の玉手箱
開館時間9時~16時30分
休館日月曜日(祝日は開館)、12/29~1/3、祝日の翌日
入館料・観覧料無料

ふじかぐちゃんラッピング自転車の寄贈について

㈱サンケミカル(富士市蓼原)様から、2月22日にラッピング自転車を2台寄贈いただきました。走行中でも回転しない「回らないホイール」にふじかぐちゃんがデザインされています。今後、職員が分館や収蔵庫との行き来や、近隣への公務の際に活用させていただきます。現在、1階ホールに展示中です。

寄贈日平成31年2月22日(金)
寄贈者㈱サンケミカル取締役会長 鑓田利幸様(蓼原1084-1)
寄贈内容ふじかぐちゃんをラッピングした26インチ電動アシスト自転車1台と20インチ折り畳み自転車1台
その他富士市まちの駅わきみず寺「法雲寺」(今泉)様にも同様のラッピング自転車が1台寄贈されました。

夏休み富士山ぐるりんコンテスト入選作品巡回展について
平成31年1月22日(火)~2月17日(日)

富士山ネットワーク推進委員会・静岡県博物館協会主催の夏休み富士山ぐるりんコンテスト入選作品巡回展を、本館1階ライブラリー前にて2月17日(日)まで開催しています。富士山を題材にした小学生の力作23作品をぜひご観覧ください。

開催期間平成31年1月22日(火)~2月17日(日)
開催場所本館1階ライブラリー前
展示内容第17回富士山ネットワーク「夏休み富士山ぐるりんコンテスト」入選作品23点の巡回展示。

※終了しました  「小学校と富士」展の開催について
平成30年9月8日(土)~11月25日(日)

どこからでも富士山が見える市内小学校の校章や校歌を切り口に、富士山とのかかわりについて紹介します。

場所富士山かぐや姫ミュージアム2階展示室②富士山の玉手箱
開館時間9・10月:9時~17時
11月:9時~16時30分
休館日9月:10・18・25日
10月:1・9・15・22・29日
11月:毎週月曜日
観覧料無料

※終了しました  富士山世界遺産登録5周年記念展「かぐや姫の里と白隠さん」の開催について
平成30年11月3日(土祝)から12月9日(日)まで

「駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山と原の白隠」といわれた名僧・白隠禅師は、なぜかぐや姫の生誕地・比奈の竹採塚にお寺(無量寺)を建て、自らの墓所に選定したのか。この謎を解き明かすため、展示会と関連イベントを開催します。

開催期間平成30年11月3日(土祝)から12月9日(日)まで
開館時間午前9時から午後4時30分まで
開催場所富士山かぐや姫ミュージアム2階展示室⑤・⑥
関連イベント①記念講演会「松蔭寺と近在の居士について」浅田哲司氏【11月4日(日)午前10時から11時30分】事前申込
関連イベント②フィールドワーク「竹採塚(無量寺跡)周辺をめぐる」木ノ内義昭(当館館長)【11月4日(日)午後1時30分から3時30分】事前申込

ふじかぐちゃんへの応援、ありがとうございました!2位入賞です。

ミュージアムキャラクターアワード2018に参戦していた当館キャラクター「ふじかぐちゃん」を応援してくださった皆様、ありがとうございました。おかげさまで、2位入賞することができました。今後とも、ふじかぐちゃんと当館をよろしくお願いいたします。

終了しました 特別陳列 富士山登山絵図 -富士山ガイドマップ-
平成30(2018)年6月2日(土)~8月26日(日)

昔も今も、とっても便利
富士山の事が一目でわかる
当館所蔵の「富士山登山絵図」をご紹介します

開館時間午前9時から午後5時
休館日毎週月曜日(7月16日(月祝)・8月13日(月)を除く)・7月3日(火)~6日(金)・7月17日(火)
会場展示室②富士山の玉手箱
観覧料無料

ふじかぐちゃん新商品、好評販売中!

ふじかぐちゃんの新商品ができました。クリアーファイル、一筆箋、メモ帳、富士ヒノキの間伐材を活用したコースター2種とマグネットバーになります。1階ミュージアムショップにて好評販売中です。ご自分用に、おみやげにいかがですか?

一日一票、ふじかぐちゃんに投票をお願いします!
7月24日(火)11時~9月6日(木)11時まで

富士山かぐや姫ミュージアムのイメージキャラクター“ふじかぐちゃん”が、ミュージアムキャラクターアワード2018に初エントリーします!富士市のかぐや姫伝説をPRするため、みなさま投票をお願いします。

内  容ミュージアムのキャラクター日本一を決める。
投票方法インターネットミュージアムのサイトにて投票(お一人様一日一票のみ)。
期 間7月24日(火)11時~9月6日(木)11時まで。
投票サイトhttps://www.museum.or.jp/museum-chara/

終了しました テーマ展「富士を掘る―足もとに眠る原始・古代の遺跡」
平成30年6月2日(土)~平成30年7月16日(月祝)

富士市内では建物や道路の建設、宅地造成などに先立ち、年間およそ40件以上の発掘調査が行われています。それらの調査成果は、「埋蔵文化財発掘調査報告書」として刊行され、全国の研究機関や図書館等にむけて発送・公表されているのですが、市民の方々にはほとんど知られていない調査も多くあるのではないでしょうか。本展示会では、公共施設等の身近な建設工事によって発見・調査された遺跡出土品を中心に御紹介することで、最も身近な文化財でもある「埋蔵文化財」について理解を深めていただきます。

開館時間午前9時〜午後5時
会場富士山かぐや姫ミュージアム 展示室5・6
入館料無料
関連イベント①学芸員によるミュージアム解説
6/2(土)、6/9(土)、6/17(日)、6/24(日)、6/30(土)、7/1(日)、7/7(土)、7/15(日) いずれも11時~ / 14時~ 申込み不要
関連イベント②謎解き!“マイブン(埋文)”スタンプラリー
(期間中いつでも開催)
関連イベント③ミニミニ埴輪づくり
7/16(月)
場所:陶芸室  受講料:150円
時 間:9時~12時 定員:30名 ※小学4年生以下は保護者同伴 申込み:7/7(土)9時から、電話または直接来館

広見公園バラの香りのルームスプレーの販売について(完売しました。)
8月まで

春バラの香りが楽しめる無添加でお子様にも安心して使えるルームスプレーを、期間限定で販売しています。限定45本、1本600円です。1階ミュージアムショップにて販売しています。テスターもご用意していますので、どうぞ甘い香りをお試しください。

商品名バラの香りのルームスプレー
容量50mL
販売価格600円
消費期限8月末
用途ルームスプレー、車内スプレー、枕・シーツに、アイロン掛け等にどうぞ。

”ふじかぐちゃん”を活用したTシャツを作っていただきました。

富士警察署直轄警ら隊の皆様が“ふじかぐちゃん”のTシャツを
作ってくださいました。これから、ふじかぐちゃんと共に市民の皆様の安全のため活動されます。富士市のPRに、富士山の神様“ふじかぐちゃん”をご活用ください。お問い合わせは当館までお願いいたします。

幕末・明治の富士・沼津・三島 ―富士・沼津・三島3市博物館共同企画展―
平成30年7月28日(土)~10月21日(日)

 ペリー来航にはじまった幕末の動乱は、武士も町人も百姓もさまざまな形で巻き込んでいきました。特に東海道沿い・駿河湾沿岸である富士・沼津・三島には、たくさんの人がさまざまな目的で行き交いました。ある人は国書を携えて通商をもとめて、ある人は長州征伐の総大将として、ある人は朝敵となった徳川氏を攻めるために、この地に至るのでした。歴史の表舞台で活躍した人物に翻弄されながらも、この地域の人びとはこの動乱の時代を生き抜きました。
 そして明治時代を迎えると、富士・沼津・三島の人びとが地域の近代化のために活躍するようになります。諸外国との交易に対応した産業、原材料や製品を運ぶための交通網の整備、地域の将来を担う人材育成のための教育。自らの才覚を地域の発展のために発揮する時代となりました。その成果がいまの富士・沼津・三島をかたち作るのでした。
 富士・沼津・三島三市博物館連絡協議会では、三市の博物館が連携して企画展示を開催します。平成30年度は明治維新150周年を記念して、幕末から明治期にかけての富士・沼津・三島のようすをご紹介します。富士会場では、いまの「産業のまち 富士」をかたち作った製紙業をはじめとした諸産業が、幕末・明治期にどのように近代化していったのかを中心に紹介します。

富士会場テーマ産業のまち 富士の幕開け
開館時間午前9時〜午後5時
会場富士山かぐや姫ミュージアム 展示室5・6
入館料無料
関連イベント①スタンプラリー
~三館をめぐって記念品をGETしよう!!~

※三市の会場をめぐってスタンプを集めるとステキな記念品を差し上げます。(各館先着100コ)

沼津会場:沼津市明治史料館(沼津市西熊堂372-1)
三島会場:三島市郷土資料館(三島市一番町19-3)
関連イベント②ギャラリートーク

7月29日(日)、8月4日(土)、8月25日(土)、9月8日(土)、9月22日(土)、10月14日(日)、10月21日(日)

各日11時~、14時~(30分程度)

ミュージアムオリジナルグッズ好評販売中!

富士山やかぐや姫をモチーフにしたオリジナルグッズを、1階ミュージアムショップにて販売中です。ボールペン・シャープペン・消しゴムなどの文具類、キーホルダーや缶バッジ、キャンバストートバッグ、本染日本手拭いなどあわせて15種類、17点になります。ご自宅用や贈り物にぜひご利用ください。

販売場所富士山かぐや姫ミュージアム1階ミュージアムショップ
お問い合わせ富士山かぐや姫ミュージアム
電話:0545-21-3380
FAX:0545-21-3398

常設展示総合ガイドブック、ついに刊行!

富士山かぐや姫ミュージアムの常設展示を網羅した、初の図録を刊行しました。富士に生きた人々の1万年以上の歴史を、豊富な写真や図版とともに学ぶことができます。富士市ならではのスペシャルプライス、300円にて絶賛販売中。今も富士に生きる人もそうでない人も、一家に一冊、ぜひお求めください。

価格300円
サイズA5版変形
ページ数92頁
販売場所富士山かぐや姫ミュージアム1階ミュージアムショップ
郵送購入購入希望の方は、刊行物名称を明記の上、代金+送料を現金書留(または代金を郵便小為替、送料を切手)にてミュージアムまでお送りください。
お問い合わせ富士山かぐや姫ミュージアム
電話:0545-21-3380
FAX:0545-21-3398

ページトップ