HOME > 常設展示のご案内 > 歴史民俗資料館

歴史民俗資料館

富士市に生きる人々のくらしを中心に展示

歴史民俗資料館は、富士市に生きる人々のくらし(民俗)を中心に展示しています。民俗の実物資料をはじめ、ジオラマや映像を交えながら、解説を施しています。

1階フロア

富士市域は、奥駿河湾の海岸から富士川・潤井川等が作り出したなだらかな扇状地と、富士山・愛鷹山連峰へと続く斜面の間に広がっています。
湾岸の漁村から最北の山村まで標高差800mの間に、人々はそれぞれの地に適したくらしを営んできました。

1階フロア ハマのくらし ドブッタのあるくらし ヤマガのくらし 行き来する人々 タバショのくらし 豊作への願い

ハマのくらし

ハマのくらし

延縄漁・シラス漁に使われた道具。シラス加工用具も展示

奥駿河湾沿岸の狩野川河口から富士川河口にかけては浜辺が続いています。このハマに住む人々は地曳網漁やシラス漁を営んでくらしてきました。当地で使われた、シラス船・大漁旗・延縄漁用具等の民俗資料を展示しています。

ドブッタのあるくらし

ドブッタのあるくらし

浮島ヶ原の湿田で使われた農耕具を展示(県指定文化財)

愛鷹山と駿河湾にはさまれた浮島ヶ原は湿地帯でした。そこを開いた水田はドブッタと呼ばれる湿田が多く、長年米づくりに苦労してきました。浮島ヶ原周辺で使われた民俗資料や、田植えのジオラマ等を展示しています。

豊作への願い

豊作への願い

一年を通して行われる、豊作を願うさまざまな行事

タバショのくらし

タバショのくらし

“加島五千石”米どころの農耕具をジオラマとともに紹介

加島平野は雁堤の完成と上堀、中堀、下堀などの用水路により「加島五千石」とうたわれた水田地帯でした。周辺地域からはタバショ(田場所)と呼ばれてきました。加島平野で使われた、田植え用具やスキ等の民俗資料を展示しています。

ヤマガのくらし

ヤマガのくらし

製茶用具とヤマシゴトの道具。映像もご覧になれます

富士・愛鷹山麓は溶岩や火山灰などが分布し、近年まで水不足に苦労した地域でした。ヤマガと呼ばれ、畑と山林が広がっています。当地の井戸のジオラマや、木樵・畑作用具等の民俗資料を展示しています。

行き来する人々

行き来する人々

ショイコ・秤など、人や物の行き来に使われた道具を展示

標高差の大きいこの地域に住む人々は、お互いのくらしに必要なものを交換し合ってきました。各地域どうしの、人や物の行き来の際に使われた、ショイコ・桝・秤等の諸用具を展示しています。

2階フロア

富士に生きてきた人々のくらしの道具を、実際に使って体験できるコーナーです。
開館時間内に随時体験できます。郷土資料室では郷土の歴史に関する書籍や資料を閲覧できます。ご覧になりたい方は、1階受付までお申し出下さい。

2階フロア

紙をすく

紙をすく

和紙づくりの道具や原料を展示

手すき和紙の原料や、道具類で紙をつくる工程を紹介します。
また、「紙であそぶ」コーナーもあり、折り紙やぬり絵を楽しむことができます。

体験コーナー

富士に生きてきた人々のくらしの道具を、実際に使って体験できるコーナーです。
開館時間内に随時体験できます。

体験コーナー