前の画像へ
次の画像へ

博物館からのお知らせ

博物館からの大切なお知らせ、更新情報です

只今の催し物のお知らせ

開催中、申し込み受付中、近日開催のお知らせ

平成30年度かやぶき農家の癒しのおんがく会スケジュール

お待たせしました! 平成30年度のかやぶき農家の癒しのおんがく会のスケジュールがほぼ整いましたのでお知らせいたします(変更する場合もあります)。

【終了しました】稲葉家で学ぶ富士川の歴史と文化(1回目)

平成30年4月21日(土)

茅葺き屋根の民家「稲葉家住宅」で、富士川に住む人たちのむかしの生活や伝統的なくらしを見たり体験したりして学びます。

年間スケジュールのお知らせ

富士山かぐや姫ミュージアム2018年度年間スケジュールです。 皆様のご来館をお待ちしております。

小山もと子 生誕百年記念寄贈品展

平成30年3月17日(土)~平成30年5月20日(日)

昨年11月、本市の染色工芸「富士の型染」の創始者であり指導者としても活躍され た小山もと子氏の御遺族から、故人の生誕百年の節目に作品や型紙、道具類など約3,500点もの資料を御寄贈いただきました。 小山氏は、主婦である立場と家庭を大切に、試行錯誤の末、台所を工房に写生から染めまですべて自分で創り上げる独自のスタイルと技法を確立され、普及に努めました。 この展示会では、平成13年(2001)に天寿を全うされるまでの半世紀にわたって、染色家として身近な野菜や草花をはじめ、郷土の自然や心象風景など多彩に表現されてきた小山氏の作品の一部を御紹介します。

オフダに込められた祈りのカタチ展

平成30年3月17日(土)~平成30年5月20日(日)

現在ではあまり見られなくなりましたが、古い民家などでは今でも家屋の要所に社寺からもらってきたオフダが貼られているのを見ることができます。 それ以外にも、建築に伴う棟札や商売繁盛を願う引札など、多様なオフダが私たちの身の回りには存在していました。 それらは、人々が日々を平穏に暮らすことを願ったカタチそのものであり、その地域に住んできた人々の歴史や文化について知ることができる資料です。 この展示会では、当館で所蔵している様々なオフダ類から、オフダに込められた祈りのカタチについてご紹介します。

ふじかぐちゃんに決定!富士山かぐや姫ミュージアムイメージキャラクター愛称

来館者等からご応募いただいた当館キャラクターの愛称が決定いたしました。これからも、富士山かぐや姫ミュージアム、並びにイメージキャラクターをご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

ミュージアムオリジナルグッズ好評販売中!

富士山やかぐや姫をモチーフにしたオリジナルグッズを、1階ミュージアムショップにて販売中です。ボールペン・シャープペン・消しゴムなどの文具類、キーホルダーや缶バッジ、キャンバストートバッグ、本染日本手拭いなどあわせて15種類、17点になります。ご自宅用や贈り物にぜひご利用ください。

第55回企画展「産業の種蒔く人―伝法中原4号墳と古代のエンジニアたち」

平成29年12月16日(土曜日)~3月4日(日曜日)

平成29年2月に富士市指定文化財に加わった「中原第4号墳出土品」の全容を紹介する初の展覧会です。東海地域初の発見となった古墳時代の鍛冶具のほか、銀象嵌大刀や馬具、農工具などの豊かな副葬品から、この地域に新しい産業の種を蒔いたとみられる中原4号墳のあるじの姿を推理します。

常設展示総合ガイドブック、ついに刊行!

富士山かぐや姫ミュージアムの常設展示を網羅した、初の図録を刊行しました。富士に生きた人々の1万年以上の歴史を、豊富な写真や図版とともに学ぶことができます。富士市ならではのスペシャルプライス、300円にて絶賛販売中。今も富士に生きる人もそうでない人も、一家に一冊、ぜひお求めください。

陶芸室自由開放日

3/11(日)

陶芸中級者レベルの方のための陶芸体験日です。 土のかたまりから形あるものを創り出していく喜び、それを使う楽しみ、博物館では原則毎月第2日曜日に陶芸室自由開放日を開催いたします。 粘土でカップやお皿など自由に成形、もっと大きなものに挑戦してみたいといった参加者を大募集!! この機会にぜひ、陶芸に親しんでください!

ページトップ