前の画像へ
次の画像へ

博物館からのお知らせ

博物館からの大切なお知らせ、更新情報です

只今の催し物のお知らせ

開催中、申し込み受付中、近日開催のお知らせ

”ふじかぐちゃん”を活用したTシャツを作っていただきました。

富士警察署直轄警ら隊の皆様が“ふじかぐちゃん”のTシャツを 作ってくださいました。これから、ふじかぐちゃんと共に市民の皆様の安全のため活動されます。富士市のPRに、富士山の神様“ふじかぐちゃん”をご活用ください。お問い合わせは当館までお願いいたします。

広見公園バラの香りのルームスプレーの販売について(完売しました。)

8月まで

春バラの香りが楽しめる無添加でお子様にも安心して使えるルームスプレーを、期間限定で販売しています。限定45本、1本600円です。1階ミュージアムショップにて販売しています。テスターもご用意していますので、どうぞ甘い香りをお試しください。

第69回かやぶき農家の癒しのおんがく会について

平成30年7月15日(日)

県指定有形文化財・旧稲垣家住宅を会場に、原則毎月第3日曜日に開催する演奏会です。今回は、チルコロ・ピアチェーレによる、マンドリンアンサンブルです。

幕末・明治の富士・沼津・三島 ―富士・沼津・三島3市博物館共同企画展―

平成30年7月28日(土)~10月21日(日)

 ペリー来航にはじまった幕末の動乱は、武士も町人も百姓もさまざまな形で巻き込んでいきました。特に東海道沿い・駿河湾沿岸である富士・沼津・三島には、たくさんの人がさまざまな目的で行き交いました。ある人は国書を携えて通商をもとめて、ある人は長州征伐の総大将として、ある人は朝敵となった徳川氏を攻めるために、この地に至るのでした。歴史の表舞台で活躍した人物に翻弄されながらも、この地域の人びとはこの動乱の時代を生き抜きました。  そして明治時代を迎えると、富士・沼津・三島の人びとが地域の近代化のために活躍するようになります。諸外国との交易に対応した産業、原材料や製品を運ぶための交通網の整備、地域の将来を担う人材育成のための教育。自らの才覚を地域の発展のために発揮する時代となりました。その成果がいまの富士・沼津・三島をかたち作るのでした。  富士・沼津・三島三市博物館連絡協議会では、三市の博物館が連携して企画展示を開催します。平成30年度は明治維新150周年を記念して、幕末から明治期にかけての富士・沼津・三島のようすをご紹介します。富士会場では、いまの「産業のまち 富士」をかたち作った製紙業をはじめとした諸産業が、幕末・明治期にどのように近代化していったのかを中心に紹介します。

富士の型染体験

平成30年8月4日(土)

富士に根ざした伝統工芸に、より多くのみなさまに親しんでもらうため、富士の型染体験を開催します。あらかじめ型をほどこした素材に色を差す“染め”の工程が中心ですので、大人だけでなく、お子さまにも楽しんでいただける内容となっています。夏休みの思い出に、ご家族やお友達と富士の型染に挑戦してみませんか。

ミニミニ埴輪作り体験

平成30年7月16日(月祝)

みんなは、大(おお)むかしの土器(どき)やそうしょく品(ひん)、土(つち)人形(にんぎょう)などみたことがある?大(おお)むかしに行われて(おこな)いた火おこし(ひ)道具(どうぐ)で、火(ひ)をおこしたことがある? 今回(こんかい) 博物館(はくぶつかん)では、ねん土でミニミニ埴輪(はにわ)を焼(や)いたり、火(ひ)おこしをする体験(たいけん)を行うよ。みんなで参加(さんか)してね!

布ぞうり作り体験

平成30年7月28日(土)

素足が気持ちのよい季節ですね。 富士山かぐや姫ミュージアムでは、古着を活用した「布ぞうり作り体験」を行います。 布ぞうりは、数百年にわたって履き続けられてきた、伝統的なわらじの良さを生かした履物です。 ぞうりを知らない世代にも日本の文化に触れる機会となる講座です。 みなさんも、日本古来の知恵を学びながら「布ぞうり作り」に挑戦してみませんか?

一閑張入門

1回目 7/13(金)2回目 7/27(金)3回目 8/10(金) ※全3回講座 

型や籠などに和紙を張り重ね、柿渋や漆で仕上げる「一閑張」。江戸時代初期に日本の良質の和紙に目が留まった飛来一(ひらいいっ)閑(かん)が、中国古来の脱活乾漆の技法を基礎に「和紙を主原料とした独自の技法を考案した」ことがその始まりです。 本年度は、講座参加者を対象に8月10日(金)13時より尾上 瑞宝 先生(飛来一閑 第十四代 泉王子 称号継承者)による、「一閑張の精神とその技術」についての講演会を実施します。 午前の部は、初級編として博物館職員の指導の下、竹笊に和紙を張り重ね柿渋を塗り仕上げます。午後の部は、中級編として第3回目に尾上 瑞宝 先生を講師にお招きし、正統な技術を直接学んでいただけます。中級編では、ご自身で用意したお好きな籠や型に和紙を張り重ね柿渋を塗り仕上げることができます。

特別陳列 富士山登山絵図 -富士山ガイドマップ-

平成30(2018)年6月2日(土)~8月26日(日)

昔も今も、とっても便利 富士山の事が一目でわかる 当館所蔵の「富士山登山絵図」をご紹介します

テーマ展「富士を掘る―足もとに眠る原始・古代の遺跡」

平成30年6月2日(土)~平成30年7月16日(月祝)

富士市内では建物や道路の建設、宅地造成などに先立ち、年間およそ40件以上の発掘調査が行われています。それらの調査成果は、「埋蔵文化財発掘調査報告書」として刊行され、全国の研究機関や図書館等にむけて発送・公表されているのですが、市民の方々にはほとんど知られていない調査も多くあるのではないでしょうか。本展示会では、公共施設等の身近な建設工事によって発見・調査された遺跡出土品を中心に御紹介することで、最も身近な文化財でもある「埋蔵文化財」について理解を深めていただきます。

ページトップ