前の画像へ
次の画像へ

博物館からのお知らせ

博物館からの大切なお知らせ、更新情報です

只今の催し物のお知らせ

開催中、申し込み受付中、近日開催のお知らせ

常設展示総合ガイドブック、ついに刊行!

富士山かぐや姫ミュージアムの常設展示を網羅した、初の図録を刊行しました。富士に生きた人々の1万年以上の歴史を、豊富な写真や図版とともに学ぶことができます。富士市ならではのスペシャルプライス、300円にて絶賛販売中。今も富士に生きる人もそうでない人も、一家に一冊、ぜひお求めください。

親子どきやき体験

平成29年11月23日(木祝)

このプログラムは、縄文時代の土器や装飾品をモチーフにして、 子供が親しみやすい土器ペンダントを作る体験です。 子供たちに、先人の土器づくりや火おこしに対する知恵や工夫、労苦を肌で感じる事を目的としています。さらに、親子のふれあいを通して、親と子が協力して一つのことを成し遂げるという貴重な体験をする機会となりますので、是非ともご参加ください。

平成29年度 秋のテーマ展「地頭と呼ばれた寺院 江戸時代 東泉院領に生きる”神領百姓”」

9月9日(土)~10月22日(日)

 東泉院は、戦国時代から江戸時代にかけて、市内今泉にあった密教寺院です。また、お寺でありながら、「神領」190石を領する領主=地頭(殿さま)でもありました。  ”お寺であり殿さま”であった東泉院は、富士市域のほかの領主とは違い、百姓と多様な関係にありました。古文書から見えてくる東泉院と百姓の関係は、江戸時代を通じて一般的に見られた領主-百姓関係を示すものと、東泉院領にしかみられない特殊な関係を示すものがあり、富士市の江戸時代を明らかにする上で、とても興味深いものです。  このテーマ展では、江戸時代の村の百姓がどのような生活をしていたのか、その実態にせまります。

富士の型染体験

平成29年8月11日(金祝)

郷土に育った富士の型染の技法をもとに、テーブルセンター作りを行います。富士山・ひまわり・バラ・魚・蝶から図柄を選んで作成します。

かまど飯を食べよう!!

6月開催日 6/4(日) 9月開催日 9/3(日)

昔の道具を使用した生活体験講座を旧稲垣家住宅で行なう体験です。 お昼に向け、かまどで御飯炊き、味噌汁をつくり、食事体験を行ないます。 この講座は、電気のない時代にどのような道具を使いどんな生活をしていたか学ぶ体験講座です。

平成29年度年間スケジュール

企画展、体験講座、イベントが早分かり!

平成29年度の年間スケジュールです。

富士山かぐや姫ミュージアムリニューアル1周年記念展「富士登山列伝~頂に挑むということ~」

平成29年6月3日(土)~8月27日(日)

富士山。そこは神仏が宿る聖なる山。古くから、人々は富士山を聖地としてとらえ、信仰の対象としてきました。それとともに、富士山は挑むべき対象であり、長い歴史の中で、多くの登山者がその頂を目指して果敢にアタックしてきました。 彼らはなぜ、富士山の頂を目指したのか。頂を極めた先には何があったのか。 本展では、富士山の登山史に名を遺した人物たちの姿から、頂に挑むということの意味を探ります。

陶芸室自由開放日

8/13(日) 9/10(日) 10/15(日) 11/12(日)

陶芸中級者レベルの方のための陶芸体験日です。 土のかたまりから形あるものを創り出していく喜び、それを使う楽しみ、博物館では原則毎月第2日曜日に陶芸室自由開放日を開催いたします。 粘土でカップやお皿など自由に成形、もっと大きなものに挑戦してみたいといった参加者を大募集!! この機会にぜひ、陶芸に親しんでください!

陶芸歳時器

9月講座 香炉(アロマポット) 9/9(土) 11月講座 干支置物(戌)11/11(土)

お部屋のインテリアなどにぴったりの、季節感あふれるステキな陶器を作ってみませんか。 簡単にできますので、ぜひご参加ください!

チャレンジ!!陶芸

8月講座 8/12(土)・26(土) 10月講座 10/14(土)・28(土) 全2回講座

講師の指導のもと、1回目は粘土1kgで自由にオリジナル作品を作り、2回目にその作品に絵付けを行います。この機会にぜひ、陶芸に親しんでください!

ページトップ