前の画像へ
次の画像へ

博物館からのお知らせ

博物館からの大切なお知らせ、更新情報です

只今の催し物のお知らせ

開催中、申し込み受付中、近日開催のお知らせ

夏休み富士山ぐるりんコンテスト入選作品巡回展について

平成31年1月22日(火)~2月17日(日)

富士山ネットワーク推進委員会・静岡県博物館協会主催の夏休み富士山ぐるりんコンテスト入選作品巡回展を、本館1階ライブラリー前にて2月17日(日)まで開催しています。富士山を題材にした小学生の力作23作品をぜひご観覧ください。

博物館ボランティア養成講座 受講生募集のお知らせ

1月20日(日)~

 博物館の活動をスタッフとともにおこなう博物館ボランティアの養成講座受講生を募集します。

年末年始の休館日のご案内

2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)

年末年始の休館日は上記6日間です。 新年は1月4日(金)より開館いたします。 開館時間は、午前9時~午後4時30分です。 皆様のご来館をお待ちしております。 よいお年をお迎えくださいませ。

富士市・富士川町合併10周年・富士山世界遺産登録5周年記念展「道具が語るあの日の住まいー富士のふもとのヒトとモノー」

2018年12月22日(土)~2019年3月10日(日)

 生活の道具は、時代を表す象徴です。わたしたちが何気なく使っている道具の多くは、生活スタイルや技術進化に合せて改良され、こうした道具が集まることで「今」の生活風景が形作られています。  この展示会では、住まいの道具から、昭和期を中心に少し前の時代の暮らしを紹介します。

特集展示「富士山と、文学 岳南を舞台とした江戸時代の和本と浮世絵」

12月8日(土)~2月17日(日)

 富士山は、いにしえより多くの文学作品の題材となりました。活火山・霊峰として尊い存在であった古代、数々の戦場となった中世、旅の目的地となった近世。人びとは、時代が変わっても富士山に注目し、その時々に感じだ富士山を歌にしたり、富士山を舞台にした物語を記したりしました。  本展示では、富士山南麓を舞台とした文学作品をご紹介し、江戸時代の人びとが物語だけではなく、そこから派生した浮世絵などの関連作品で富士山を楽しんだようすをご覧いただきます。

※終了しました  富士山世界遺産登録5周年記念展「かぐや姫の里と白隠さん」の開催について

平成30年11月3日(土祝)から12月9日(日)まで

「駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山と原の白隠」といわれた名僧・白隠禅師は、なぜかぐや姫の生誕地・比奈の竹採塚にお寺(無量寺)を建て、自らの墓所に選定したのか。この謎を解き明かすため、展示会と関連イベントを開催します。

中止しました 体験講座「駿河半紙の技術と伝統を訪ねて」第2・3回の開催について

平成30年11月3日(土)、12月15日(土)

この地の手漉き和紙にどんな歴史があり、どのように作られたのか、伝統や技術について、体験を交えながら学習します。

※終了しました  「小学校と富士」展の開催について

平成30年9月8日(土)~11月25日(日)

どこからでも富士山が見える市内小学校の校章や校歌を切り口に、富士山とのかかわりについて紹介します。

ふじかぐちゃんへの応援、ありがとうございました!2位入賞です。

ミュージアムキャラクターアワード2018に参戦していた当館キャラクター「ふじかぐちゃん」を応援してくださった皆様、ありがとうございました。おかげさまで、2位入賞することができました。今後とも、ふじかぐちゃんと当館をよろしくお願いいたします。

第74回かやぶき農家の癒しのおんがく会の開催について

平成31年2月17日(日曜日)午後1時30分開演

県指定有形文化財・旧稲垣家住宅を会場に、原則毎月第3日曜日に開催する演奏会です。今回は、筝と尺八による邦楽コンサートをお楽しみください。

ページトップ