前の画像へ
次の画像へ

博物館からのお知らせ

博物館からの大切なお知らせ、更新情報です

只今の催し物のお知らせ

開催中、申し込み受付中、近日開催のお知らせ

展示室②富士山の玉手箱 冬の特集展示 富士山と、描かれた人びとの生業(なりわい)

令和元年12月14日(土)~令和2年2月24日(月祝)

 私たちが暮らす富士市は、人びとの仕事に取り組む日常のようすが、富士山とともにある地域のひとつです。そのようすは江戸時代、さらにその前から富士山を描いた絵画作品に描かれてきました。古来、富士山を描いた絵画作品に登場する人びとは、何らかの目的を持って活動している人びとでした。富士山に登る人、街道を西へ東へ進む人、そして富士山の麓で暮らし、生きるために仕事をする人が多く描かれてきました。  今回の展示会では、そのような富士山とその麓で生活する人びとの仕事(生業)のようすを描いた絵画資料を紹介します。富士山という特殊な環境のなかに、人びとが生活する日常のようすを描いたアンバランスな世界をお楽しみください。

富士山かぐや姫ミュージアム・静岡市立登呂博物館連携企画 第57回企画展「東海の軍を発す―伝法 東平1号墳とヒミツの武器」の開催について

令和2年1月4日(土)から3月8日(日)

7世紀中頃に築かれた小さな円墳東平1号墳で見つかった極めて珍しい「ヒミツの武器」や東海各地の軍事的指導者の副葬品を手がかりに、当時の社会やこの古墳の主の性格を考える展示会です。静岡市立登呂博物館冬季企画展『古墳のきらめき―賤機山古墳展―』(令和2年1月11日~3月1日開催)との連携企画展になります。

展示室2富士山の玉手箱 特別展示「描かれた富士」

令和元年9月14日(土曜日)から 12月1日(日曜日)

富士山にかかわる資料を展示する常設展示室2「富士山の玉手箱」において、富士山かぐや姫ミュージアムの収蔵品を紹介します。 この展示では、富士山かぐや姫ミュージアムの収蔵品の中から、江戸時代の作品を皮切りに昭和前期の木版画まで、人々に愛された富士山の絵画や版画を紹介し、日本一の山・富士山を画中におさめた作者たちの思いに迫ります。

秋のテーマ展 瑞林寺地蔵菩薩坐像と富士市のお地蔵さま

令和元年9月28日(土)~12月15日(日)

皆さまは、富士市内に、とても貴重な仏像があることをご存知ですか。富士市松岡の瑞林寺には、国指定重要文化財の木造地蔵菩薩坐像がいらっしゃいます。このお地蔵さまは、昭和55年に初めて調査を行い、世に知られて以来、今年でちょうど40年を迎えます。 今回の展示では、瑞林寺のお地蔵さまについて解説するとともに、40年の間に少しずつ解明された研究成果を振り返ります。また、作者についても、当初は、あの有名な仏師運慶であるとされていましたが、その後、運慶の父・康慶であると判った経緯等もご紹介します。 さらに、瑞林寺のお地蔵さま以外で、富士市に残るお地蔵さま、特に立派な木造のお地蔵さまや、地域に根付き今でもお祭りを行い、大切に信仰されているお地蔵さまたちを紹介しようと思います。

※終了しました 9月15日(日)第79回 かやぶき農家の癒しのおんがく会の開催について

県指定有形文化財・旧稲垣家住宅を会場に、原則毎月第3日曜日に開催する演奏会です。今回は、夜間開催で、影絵劇団Kage-boshi(かげぼうし)の皆さんによる影絵を開催いたします。観覧料は無料です。

※終了しました 「富士の型染体験」の開催について

7月31日(水)に、富士の型染の技法をもとに富士山額(はがき大)とミニノートカバー(B6サイズ)を作る体験講座を開催します。

※終了しました 静岡県富士山世界遺産センター・富士山かぐや姫ミュージアム 共同企画展 「富士山の女神 かぐや姫」

令和元年6月15日(土)~8月18日(日)

富士山に帰るかぐや姫の伝説を残す富士南麓特有の竹取物語を、市外・県外の多くの方に知っていただくため、富士宮市に所在する静岡県富士山世界遺産センターを会場に、共同企画展をおこないます。

展示室2富士山の玉手箱特別展示「古写真にみる明治の富士」

令和元年6月1日(土)から9月1日(日)

明治時代に撮影された写真をとおして当時の様子を振り返っていただきたく、富士山を背景にした郷土の古写真を紹介いたします。

第82回 かやぶき農家の癒しのおんがく会 開催について

令和元年(2019)12月15日(日)

県指定有形文化財・旧稲垣家住宅をライブハウスとして、和洋さまざまなジャンルのおんがく会を開催しています。今回は、祭囃子の競演(各団体ごとに演奏)です。

富士の型染教室 2019年度 受講者募集!!

平成31年5月から平成32年2月まで毎月1回(第1火曜日か第2金曜日)全10回

全10回で富士の型染を学ぶ初心者コース。 デザイン、型彫り、紗張り、糊置き、地染め、色差し、色止め、糊落としなど、一連の型染の作業工程を学びます。 ハガキ、ノートカバー、バンダナ、手拭いを作成します。

ページトップ