Notice: Undefined index: SEARCHARRAY in /var/www/html/tp.php on line 150
富士市立博物館収蔵品紹介[民俗資料]

富士市域は南は奥駿河湾の海岸から、北は富士山・愛鷹山麓の山頂へと続くなだらかな斜面上に広がっています。駿河湾沿岸の漁村から富士山南麓における最北の山村まで、その標高差は大きく約800メートルにもなります。駿河湾の最奥部にのびる浜辺では漁業が営まれてきました。その背後は、西は富士川が運んできた砂やれきなどで形成された加島平野の水田地帯、東は愛鷹山南麓の浮島ケ原と呼ばれる低湿地帯です。標高100メートル前後から北は富士山・愛鷹山の噴火によってできた溶岩や火山灰などが分布し、水が乏しいことから畑作地帯が広がっています。標高400メートル前後から2500メートルの森林限界までは山林が続き、ヤマシゴトでくらしてきた集落があります。人々はそれぞれの地に適したくらしを営み、お互いのくらしにないものを交換し合ってきました。ここではそれぞれの地で使われてきた道具を紹介します。