12月の博物館の日

第59回「河東」をめぐる戦国時代 連動イベント   なりきり戦国時代 ~かぶとを作って戦国武将と記念撮影しよう!~

「かぶと」は頭部を守る防具としてだけでなく、武将の威厳や地位を表すために使われました。紙製かぶとのパーツをひもで縛り、かぶと作りを体験します。出来上がったかぶとをかぶって、戦国武将になりきろう!

古民家を背景に、博物館武将と一緒に記念撮影しませんか?

( 2022/11/30 更新 )


日時

令和4年12月11日(日)①午前10時~、②午後1時~午後2時

会場

広見公園内 旧稲垣家住宅ほか

対象

一般 ※小学4年生以下は保護者同伴でご参加ください。

申込

事前申込なし 「かぶとを作って戦国武将と記念撮影しよう!」は、先着30名です。1人1個でお願いします。 当日、旧稲垣家住宅 前庭受付場所にてお越しください。 午前9時30分から午前・午後の部の受付を行います。 ※所要時間は、30分程度

その他出来る体験

・弓矢体験 ・手すきハガキ作り ・ふるさと村なぞときラリー ・てくてくふるさと村ツアー(11:30スタート 旧稲垣家住宅・旧松永家住宅ほか) ・木工コーナー(どんぐりコマ作り・公園の葉や実を使って自由に作ろう) ・型染しおり体験 ※染色室で行います ・竹細工体験 ※陶芸室で行います

注意事項

・受講者は、当日体温の測定や症状の有無を確認し、受付にて氏名、住所、ご連絡先をご記入いただきます。  また、参加する際はマスクの携行をお願いいたします。 ・感染症拡大状況によっては内容を変更して開催、または延期、中止の場合があります。